普及。

昨日商店街でみつけた「入居者募集」の物件の問合せ。
担当者不在のようで詳細不明。平日のみの営業なので、土日に内覧は難しいそうだ。
それは困る。間取りなど、家に郵送してくれるとのこと。メールは使えない。

先週メールで問い合わせたT書籍、返信がないが、電話番号の記載もないので、催促しにくい。どうしたものか。
こちらの返事を聞いてから、子どもの文化普及協会に問合せるつもりだったのだが、待てずに問合せフォーマットからメールする。普及協会の方も、HPには電話番号記載無し。
他に、直取引が出来る出版社があるようで(最近増えてきたみたい)、ミシマ社に電話で問合せ。
あっさりOK。一冊から、いつでも注文に対応してくれるようだ。
ただ、絵本はそれほど扱っていないようなので、面白そうな本が出たら注文という形になるかな。

起業塾、主人と二人分申込み。主人もやる気だ。

15時と15時半に子どもの文化普及協会と思われる番号から着信。
1度目は出れなかったので、2度目に出る。仕事中だから(1人で留守番時)職場の電話が鳴らないことを祈りながら携帯に出た。
なんとも優しそうな男性で、色々と親切に説明してくれる。
ただ、私が緊張していたので、ほとんどまともに質問できなかった。
電話を切ってから、あれもこれもと後悔。

 
  • 絵本専門店ならば、保母さんや図書館の先生にも対応できるような品揃えを

  • 自分が好きで、ちゃんと説明できるような絵本を揃えること

  • 仕入リストは作っておくべき

  • T書籍は大きい書店を相手にするところだから返信がないのだろう

  •  
 

猫本をメインに、と言い出せず。
相手のペースを縫って自分の言いたい事を伝えるのは難しい。
電話の後すぐに、メールで契約申込書と、選書用の参考資料リストなどを送ってくれる。対応が早い。
私もお礼状を返信。
初めて業界の方と話した。
少し現実味が出てきた。


はしご。

第一希望の商店街をまず歩いてみよう、ということで、日曜の昼ぐらいに散策。
普段は日曜定休の店が多いのだが、ちょうどその日は商店街の市で、店主さんたちはちょとしたお祭りテンションだった。
マップも手作りで用意されていて、その地図をもとにあちこち歩いていみる。
こんなところにカフェが!ここにもケーキ屋が!この空き家、店舗として使えないかな、とか色々発見。
「入居者募集」の張り紙のある、いかにも店舗用らしい空き家も見つける。駐車場2台分。
でも入居者、ということは住居?
すぐ電話してみるも、繋がらず、月曜にまたかけてみよう。
歩いてみて、やっぱりこの辺りで店をやりたいと強く感じた。
私もあの市の仲間に入れてもらいたいなー。
どんな店にしようか。

本の品揃えに悩み始める。猫は好きだけど、猫が出てくる本なんてほとんど読んだことがないしな。
好きな本を揃えて、その中に猫本コーナーを作るとか?

もう少し調べてみよう。そしてもっとたくさん本を読まなきゃ。


初内覧。

中通三丁目の物件を見てくる。
良さそうな不動産屋さんだった。
近くにおしゃれカフェが3件、美容院も。少し離れたところにもおしゃれバーが。
向かいはだんご屋。
4.5坪、諸経費込み4万、駐車場無し。
なかなかいいんじゃないかと思う。
住居も兼ねられる物件があれば、と話していたので、もうひとつ物件を用意してくれていた。
少し離れた住宅街で、リフォーム済み。1階がキッチンと風呂、2階に二部屋。
ガレージを店舗スペースとして使えないこともない、とのこと。

ここも魅力的、と思いながら帰りがけに「猫が・・・」の一言で破綻。
猫を飼っている、というのは最初に不動産屋に言わなければいけない!
担当さんに指摘される。まぁね。

手間を取らせてしまって申し訳なかった。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ONLINE SHOP

インスタグラム

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM