猫のサンキャッチャー作り

今日の倏のサンキャッチャー作り瓩盂擇靴ったです♪



お天気も良くてとにかく店内キラキラ☆



色のバランスとか模様の感じとか、
飾りの位置でもそれぞれセンスと個性が出るんですね。



お母さんと参加してくれた6歳の女の子、
とっても上手で、ほとんど一人で完成させていました!


しかもかわいかったー♪(せっかくの画像はブレちゃって…)

この猫さんは、目がスカイブルーで、右前足に縞模様が。
細かい!



きっとみなさんのお部屋もにも、綺麗な光の虹が出来ているのでしょうね。



☆おやつ&プレゼントを頂いちゃった♪



参加して下さったみなさま、ありがとうございました!

おぎょうぎのよいペンギンくん

明日はタウンスクール。猫のサンキャッチャー作り2回目です!
http://kagishippo.keytail.catfood.jp/?eid=221
どんな猫さんが出来上がるのか、今から楽しみです。




昨日はお客様がこんな絵本をオススメに来て下さいました。
「おとな絵本の会の日は、都合が悪くて参加できないから…」
とのこと。
嬉しい♪ありがとうございます。



「おぎょうぎのよいペンギンくん」
作/マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵/H.A.レイ 訳/福本友美子
偕成社 1,300円+税

マーガレット・ワイズ・ブラウンも、
H.A.レイも沢山作品をだしているけれど、
この絵本は知りませんでした!

表紙からも想像できるように、
ペンギンくんはちっともおぎょうぎ良くありません。
そんなペンギンくんに、あれやこれやマナーを教えてくれるアライグマさん。
(表紙のこの表情がまたいいですね)

色々がんばるんですよ、ペンギンくんが。



その都度、良いことと悪いことを丁寧に教えられるのですが、
アライグマさんの言葉はきちんと筋が通っていて、
読みやすかったですし、
敬語などが上手に使われていて、
訳者さんの日本語の使い方も綺麗だなぁと。

アライグマさん曰く、
「マナーとは相手を思いやる気持ち」とのこと。
納得。

お話は長いですが、挿絵もかわいいので、
じっくり&ゆっくり読むのにぴったりな絵本です。

先日ちょうど、秋刀魚を食べながら、
「何故、魚の頭は左向きにしなくてはならないのか」
という話題になったばかりで。
タイムリー。



★まだ募集してますよー★




 ☆かぎしっぽ Facebookページ☆
https://www.facebook.com/kagiponeko
  

風車小屋ねこカッチェ

先日の広報あきたに掲載されていましたね。
まだ募集しているかなぁ。
皆さんもいかがですか!




今日は健気で勇敢な猫のお話の紹介です。

「風車小屋ねこカッチェ」 BL出版 1,400円+税
文/グレッチェン・ウェルフレ 絵/ニコライ・ベイリー
訳/今江祥智&遠藤育枝


オランダでの洪水で、
猫と赤ちゃんが生き延びたという実話をもとに作られた絵本です。
と聞くと、丘から風車小屋を見下ろしているこの猫、
勇ましく見えてきますよね。

粉屋のニコと仲良く暮らしていたカッチェ。



かわいい奥さんが来てからは、ちょっと邪険に扱われてしまいます。



これだけで充分切ないのですが…。
赤ちゃんが生まれてからは、自ら家を出て小屋住まいを始めました。
居心地悪くなってしまったのでしょうか。

猫のカッチェとしての台詞はないのですが、
鳴き声と表情から、カッチェの気持ちが伝わってくるようでたまりません。
猫を擬人化していないのもいいですね。



奥さんの目を盗んで、夜中にこっそり赤ちゃんと遊ぶ猫のカッチェのシーン。
かわいいんですよー。
本文と挿絵の他に、
ページの周りに描かれたオランダ風な飾りイラストも素敵です。
 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

カレンダー

ONLINE SHOP

インスタグラム

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM