BIC Akita


BIC Akita 3月号にかぎしっぽ、取り上げて頂きました。



あきた企業活性化センターのよろづ支援拠点にお世話になり、
その事例として取り上げて頂きました。

銀行や公共施設に配布されています。
見かけたらぱらっとめくってみてくださいね。

BIC AkitaのHPからも見ることができますよ。
http://www.bic-akita.or.jp/magazine/

あきた企業活性化センター
http://www.bic-akita.or.jp/index.html



キーボードとマウスと花子。




☆かぎしっぽ Facebookページ☆
https://www.facebook.com/kagiponeko

たんぽぽ

今日は温かかったですねぇ〜。
店は陽当たりが良いので、昼間は暖房いらないくらいでした。
また今週末は雪だるまマークが出ていますが、
ひとまず、もう春がきた、ということにしておきましょう。
新潟の実父はすでに「普通タイヤに交換した」と言っていました。
それはちょっと早すぎるような・・・。まぁ大丈夫でしょうか。
でも、さすが私の父!
ザ・せっかち!


「たんぽぽはたんぽぽ」 おくはらゆめ
1,300円+税 大日本図書



「ありのままでいいんだよ、すずめだって猫だってたんぽぽだって」
そんなメッセージを伝えるための絵本かな、というのが第一印象でしたが、



また別の日に読み直してみたら、そんなのは気にならなくなりました。



『ねこは つめを バリ、バリ、シャキーン』
おくはらさんのダイナミックな絵を見ながら、
『ねこはねこ、たんぽぽはたんぽぽ』と声に出してみると、
うわ〜春〜♪という気分が盛り上がります。

感想を書こう、と思いながら読むと、
なんだかごちゃごちゃ考えてしまってダメですね、やっぱり。
ただただ、絵とことばを楽しめばいいんだと改めて気付かされました。





「やまねこのおはなし」
作/どいかや 文/きくちちき
1,600円+税 イーストプレス



たんぽぽがやまねこに恩返しするお話です。



やまねこが、たんぽぽのわたげをひとつひとつ、
陽の当たるところに並べるシーン、素敵なんですよ。



どいさんが、絵を描かずにお話のみ、というのが新鮮でした。
きくちちきさんの、繊細かつ躍動感のある絵で、
ねこがとても楽しそうに見えます。



読み終わるとほっこり温かい気持ちになりますよ。
たんぽぽの咲く季節におすすめの絵本です。


☆かぎしっぽ Facebookページ☆
https://www.facebook.com/kagiponeko
 

ねこフォント

◆3月6日() 定休日◆

なんだか面白いの見つけました。

ねこフォント
http://nekofont.upat.jp/index.html

2匹のねこちゃんが文字を作ってくれます。
ちなみに、これは「hanako」

☆かぎしっぽ Facebookページ☆
https://www.facebook.com/kagiponeko


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ONLINE SHOP

インスタグラム

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM