とうふこぞう

とうふこぞう?どんなおばけだろう?と思って読んでみました。

「とうふこぞう」京極夏彦/作 石黒亜矢子/絵
岩崎書店 1,500円+税

京極さんと石黒さんのコンビだと、
こんなかわいいお話もすっかり怪談絵本になってしまうのが面白い。

絵本の至る所におばけが潜んでいます!

飼い猫も猫又になっちゃってるし。

というかね、おばけを怖がっている男の子の顔がこわいんです。

私はくすくす笑いながら読みましたが、ちびっこウケはイマイチ。
犁せちわるーい瓩箸里海函
それがいいんですよねー♪

絵本のカバーでも楽しめるあたりも、お得な気分になれて嬉しい☆

今夜の晩酌の冷や奴、とうふこぞうが持って来てくれたらいいのに。

「すみません、見せるだけです」




 


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

カレンダー

ONLINE SHOP

インスタグラム

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM