家政婦さん。

「わたしおてつだいねこ」 竹下文子 金の星社 1,100円+税

まるで“きょうの猫村さん”か、と思わせるような話の始まり方ですが、
こちらの家政婦さんは猫村さんとは全く違ったタイプ。
(猫村さんより昔の本です。)

手が濡れるから洗い物はちょっと・・・。
音が恐ろしいから掃除機はちょっと・・・。
お茶を入れさせればぬるい。(猫舌だし)
だけど、おかあさんを手伝いたいという気持ちであふれていて、
その必死さがたまらなくかわいいのです。


お話の後半には、何も出来なさすぎて怒られてしまう家政婦猫さん。
このうなだれている姿・・・。

おてつだいねこさん。4冊シリーズですが、ひとまずこの1冊。



そして「きょうはすてきなドーナツようび」 竹下文子 アリス館 1,400円+税

これを読んでいた子が「あ!おてつだいねこと同じ人の絵本だー!この人、猫が好きなんだね−♪」と。

へぇ〜、気付かなかった〜。
さすが。
お客様に教えられることもたくさん。

猫がメインのお話ではありませんが、ちょこっと登場する猫がとてもかわいい絵本。
どーなつたちが、わー!とあちこちへ飛び出してゆきます。

何が・・・。
どうしたんだ!
どーなつ!


 


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

カレンダー

ONLINE SHOP

インスタグラム

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM