花子

 

 

 

花子さん、5月1日に永眠しました。

 

(写真は昨年秋のもの)

19歳になったばかりでした。

猫との別れは初めてですが、なかなか辛いですねぇ。

文章にするのも切なくて、ご報告が遅くなりました。

 

 

 

こちらは、亡くなる3日前。

この日はご飯も食べていたのですが、

翌日朝はちょっと口をつけただけでほとんど食べず。

 

でも、私たちその日は実家の新潟に帰省予定だったので、

そのままご飯を置いて出かけてしまいました。

1泊して翌日昼過ぎに帰宅したら、花子さんは硬くなっていました。

 

まだ温かかったんですよね。

せめて、後1時間でも2時間でも早く帰ってきていれば、

そもそも帰省なんてしなければ。

そんなこと言ったってどうしようもないんですけどね。

 

新潟からの帰路、車中で花子が死んだら火葬はどうするか、お墓はどうしよう

なんて話をしていて。

そんなことを話題にしなければよかった。

もっとこうすればよかった、

あんなことしなければよかった、

毎日そんな思いできゅ〜っとなります。

高齢だったので寿命とはいえ、あっけなさすぎて。

 

ですが、ありがたいことに大病することもなく、比較的健康だったと思います。

最後までトイレも粗相することもありませんでした。

火葬を担当してくださった方に、立派な骨だと褒められました!

(骨壺も大サイズ!)

歯もしっかり残っていましたよ。

うんちも茶色く残っていたのにはびっくり。

 

冷たくなっていく花子の亡骸に、歯をむき出して『シャーッ!!!』と威嚇していた風子。

そんな姿に笑わせてもらったり、

温かくて臭い風子のうんちを掃除出来ることも、とっても幸せなことですね。

風子に救われました。

 

「花ちゃん元気?」と、気にかけてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カレンダー

ONLINE SHOP

インスタグラム

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM