冬休みにおすすめの本

◆12/25〜27 臨時休業

◆12/28(木).29(金) 10:00~17:00
◆12/30(土)  10:00~16:00

◆12/31、1/1・2 臨時休業

◆1/3・4・5 10:00~17:00

 

 

我が家は毎年クリスマスにはチキンを焼くのですが、

今年は鶏のお腹にピラフを詰めてみることにしました。

 

肉を食べていてもね、ちっともピラフが出てこないんですよ。

まぁピラフは翌日食べることにしていたので、そのまま肉だけ食べ続け、

ちょっと残した肉をタッパに詰めていて、そこで気付きましたね。

ピラフを詰め忘れた、と。

そりゃぁ出てきませんよね。

 

 

今日からお店は三連休を頂いておりますが、

クリスマス雑貨を片づけて、

入荷していた新しい商品を並べたり、棚卸の準備やら整理やらをしています。

これから冬休みの方も多いかな、と思って

ちょっと時間のある時にぜひ読んで頂きたいおすすめの猫本の紹介です。

 

 

「ねこが見た話」

作:たかどの ほうこ

絵:瓜南 直子

価格:1,300円+税

出版社:福音館書店

発行年:1974年

サイズ:21×15 104ページ

 

ねこが見た話 たかどのほうこ 猫本 絵本 かぎしっぽ

 

ファンタジーというか、シュールな話が詰まった短編集です。

不気味な話が多いですが、ちょっとほろりとするシーンもあったりして。

大好きな一冊。

ただ、この本を読み終わった後、きのこを美味しく食べられるかどうか…(笑)

 

 

「不思議の国のアリス」

作:ルイス・キャロル

絵:トーベ・ヤンソン

訳:村山 由佳

価格:1,500円+税

出版社:KADOKAWA

発行年:1974年

サイズ:20×15 222ページ

 

不思議の国のアリス 村山由佳 猫本 絵本 かぎしっぽ

 

村山さんの新訳は、アリスの心の声が多く、読みやすくなっています。

ムーミンで有名なトーベ・ヤンソンの挿絵は、色遣いや描き方がシンプルな分、

『不思議』な雰囲気が際立って、今までのアリスのイメージとちょっと違うのが面白い!

 

 

 

「ヨーコさんの“言葉”」

作:佐野 洋子

絵:北村 裕花

価格:1,300円+税

出版社:講談社

発行年:1974年

サイズ:21×15 176ページ

 

ヨーコさんの言葉 佐野洋子 猫本 絵本 かぎしっぽ

 

「100万回生きたねこ」の作者である佐野洋子さんのイラストエッセイ集。

「100万回生きたねこ」に込められた想いなども綴られており、心に響く一冊。

シリーズで3作出ています。

 

「猫の文学館」

編:和田博文

価格:840円+税

出版社:薩摩書房

発行年:2017年

サイズ:14×10 397ページ

 

猫の文学館 ヒグチユウコ 猫本 絵本 秋田 かぎしっぽ

 

猫好き文学者の短編を集めた2冊。

しかも装丁はヒグチユウコさんという、なんとも贅沢な本です。

私は短編集というのはあまり好きではないのですが、

名前は聞いたことあるけれど、読んだことがない、という作家さんの作品を楽しめて、

新しい発見が出来てヨカッタです!

この歳になると、なかなか、

“読んだことのない新しい作家”の本を手に取るのが億劫になってしまって。

しかもどれもこれも猫にまつわる話ですから。

楽しいったらないですよ♪

 

 

大人の塗り絵も猫で♪

 

「ネコと仲間たちの不思議な世界」

著:クラミサヨ

価格:1,300円+税

出版社:辰巳出版

発行年:2015年

サイズ:25×22 96ページ

 

猫 塗り絵 猫本 絵本 秋田 かぎしっぽ

 

緻密な線で描かれた猫たちに色を付けていきます。

センスのない私などが手をだすと、この絵が無駄になってしまいそうで怖い…。

とても素敵な絵です。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

カレンダー

ONLINE SHOP

インスタグラム

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM