猫は生きている・どんぐりと山猫

猫の日ですね〜。

といっても、かぎしっぽではフォトコンテスト以外に特に催しものもなく、通常営業です。

花子&風子が元気で一緒にいてくれることに感謝をしつつ、

今日は(も)おやつを上げて、沢山遊んであげよう(遊んでもらう)と思います。

 

猫に人気のハンドメイド猫じゃらし!

pawpads・wawaさんに、ヒモ長めで作って頂きました。

 

猫雑貨 猫グッズ 猫じゃらし ハンドメイド

 

猫の日のプレゼントにいかがですか♪

と、おすすめしようかと思っていたら、残り3個になってしまいました。

また作って頂こうとはおもいますが、気になる方はお早めに!

 

 

先日、児童会館で行われた田島征彦さんの講演会へ行ってきました。

征彦さんの作品で猫が登場するものがないので、

今日は双子の兄弟の田島征三さんの絵本を。

 

「猫は生きている」

作:早乙女勝元

絵:田島征三

価格:1,500円+税

出版社:理論社

発行年: 1973年

サイズ:25 x 19.8cm 86ページ

 

猫は生きている 猫 絵本

 

戦火での、昌男少年と稲妻と名付けられた猫の家族の話。

 

猫は生きている 猫 絵本

 

稲妻が子猫を4匹産んだ直後に大空襲に見舞われます。

昌男のお母さんと、母としての猫の稲妻の姿が重なります。

 

絵本というには文章が多いですが、

田島征三さんの激しい絵から、壮絶な空襲の恐ろしさが伝わってきます。

このお話は、私がごちゃごちゃ紹介するよりも、実際に読んで頂くのが一番だと思います。

 

 

 

「どんぐりと山猫」

作:宮沢賢治

絵:田島征三

価格:1,500円+税

出版社:ミキハウス

発行年: 2006年

サイズ:26x 25cm 40ページ

 

どんぐりと山猫 田島征三 猫 絵本

 

どんぐりたちの裁判を裁くように、依頼された一郎少年。

なんとも不思議な経験をします。

 

どんぐりと山猫 田島征三 猫 絵本

 

どんぐりたちが、わいのわいのと争うシーン。

一郎少年の機転で難題(?)も解決されます。

色々な方がこのお話の絵を描かれていますが、

田島さんの迫力ある山猫の表紙はインパクトがありますね。

 

 

 

そして、田島征彦さんの講演会では、

「じごくのそうべえ」、「てっぽうをもったキジムナー」、「ふしぎなともだち」

などを、ご本人が読み聞かせしてくださいました。

なんと贅沢な!

 

田島 征彦 じごくのそうべえ 絵本

 

じごくのそうべえを、本物の関西弁のイントネーションで聴けるなんて!

 

田島 征彦 じごくのそうべえ 絵本

 

このサインも贅沢♪

 

 

かぎしっぽONLINE SHOP もよろしくお願いします

 

☆かぎしっぽ Facebookページ☆
https://www.facebook.com/kagiponeko

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カレンダー

ONLINE SHOP

インスタグラム

Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM